有限会社匠佳堂のwebサイトへようこそ

こんな方にお勧めします

組織での悩みの多くは「人」に関すること
人の問題はとても難しいです。
いくら頑張っても自分の力だけではどうにもならなかったり
「これ!」という正解がなかったり
向き合わないでいると大事になってしまったり
ジレンマが伴います。

 

そしてそれが続くと、つい自分を責めてしまいます。

 

check 責任と決断が伴う仕事をしている
check 伝えることは苦手だと思っている
check 仕事をしていて孤独を感じることがある
check 「(認めたくないけど)もしかして自分には
    人望がないんじゃないか」と思ったことがある
check 今の自分を知ってもらったうえで、認め、褒めて
    ほしいと思うことがある
check 話をすることで頭の整理をしたい日がある

 

 

 

人の上に立つ方は いつも心のコンディションを
整えておく必要があります!

 

でも、たいてい上に立つ人は
「これくらい大丈夫だ」
「もっと自分が頑張れば・・・努力が足りない」
などと思ってしまい、どんどん心をカサカサに乾燥させて
結果、ストレスが溜まってしまうのです。

 

 

 

 

同じ種類の人間じゃないって?!

思いを込めて話しているのに伝わらない
言うことを聞いてくれない、動かない
これ、同じ日本人だと思っているから腹が立つけど
自分と違う人種の人だと思ったらどうでしょう?

 

といっても、
良い悪いの問題じゃありません。
世代の違いでもありません。

 

あなたの部下に限らず、
話をしていても「何が言いたいんだ?!」と首をひねる人や
「何を求められているのかわからない」と悩む得意先さまはいませんか?
逆にそれほど親しくないのに、
ちょっと話しただけで共感しあえる人もいますよね?

 

人は誰でも心の一番深い部分にある価値観を持っています。
同じ価値観の人はすぐ共感・信頼しあえますが、違う価値観の人は、口では「いいですね!」と賛同しても腹の中はあなたと違う思惑があったりします。

 

だから、同じ日本語を話していても
残念ながらあなたと同じ価値観で受け止めてはいないんです。
別の解釈をしているんです。

 

その価値観は別名「気質」といって
持って生まれたもので一生変わりません。
だから直すことはできません。

 

けれど、そこに柔軟性を追加することで
その人の価値観に寄り添って
変換した日本語を話せば
驚くほど相手に通じるようになります。

 

価値観の種類は大きくわけて3つあります

 

人は物事が起きたとき、
「頭」「心」「腹」のどこかで受け止めると言われています。

 

それが価値観のもとになります。

 

頭(ヘッドタイプ)の人は、つい考え過ぎちゃうので心配性です。だからキーワードとなる価値観は安心です。全体像や、自分の役割や立ち位置を知って安心できないと疑心暗鬼になって動けません。

 

心(ハートタイプ)の人は、自分の気持ちに敏感です楽しいか楽しくないかが大事です。キーワードとなる価値観は関心です。「これをやったらあの人に褒められるかなぁ」「どう思われるだろうか」「嫌われないかな」など、他人の目(関心)を気にします。

 

腹(ガッツタイプ)の人は、本能で動くので行動的です。キーワードとなる価値観は自立です。目標達成するために多少のトラブルやつらいことは当たり前なので逆境に強いのですが、自分や相手の感情に共感することは苦手です。

 

どうですか?
あなたは何タイプでしたか?
この気質と価値観が
本人の行動と気力の源泉になっているんです。

 

良くあるパターンが
ガッツタイプの上司が「まずやってみろよ!」といっても
ヘッドタイプの部下は
「そう言ったって失敗したらどうするんだよ」
「まだあの人から返事が来ていないからできない」
「自分の仕事がどこまでかわからない動けない」
などと心の中で
やらなくていい・進まなくていい言い訳をして
行動に移しません。

 

その感覚が「前に進みたい」ガッツタイプには理解できず
「あいつはダメだ!」となり
部下は、自分を理解してもらえないのであなたに不信感を抱き
距離をとろうとします。

 

ここからコミュニケーションのズレが起こり始めます。

 

すごく小さいことだけど、すごく大事なことです。

 

「そんなことめんどうくさい!」「くだらない」
「バカバカしい」と、相手を理解しようとしないと
やる気のない雰囲気の職場になり、モチベーションの体かはもちろん
離職率が下がったり、結果としてあなたを苦しめます。

 

 

「なるほど」と思うけど、それを自分で理解して実践するのは大変
「そんなこといちいち考えていられないよ」という方、
>>こちらのサービスいかがですか?

 

こんな形であなたの組織の満足度を上げます


あなた(経営者・管理者)のコミュニケーションのクセを分析し
成功パターン、トラブル傾向を見つけます。
そして、あなたの思いが最も伝わりやすく共感を得られる
コミュニケーションの仕方をアドバイスします。

 

仕事の成功、会社の繁栄は
ただがんばりさえすればいいというものではありません!

 

弊社が得意とする
無意識の自分のクセを見つけることで
本来持っている才能・個性や囚われが明確になり、
無理せずともあなたや組織の力がアップしていきます。

 

月1回の訪問時間内で、診断・カウンセリングし放題!

例えばこんなことでお使いください

1回の訪問(2時間以内)で、社員さん・得意先さまの筆跡診断

  文字からその人のタイプやクセ・状態を分析します。

採用や配置転換、経営計画策定時に

  社風に合った社員の採用、本人の素養に合う職種への配置、思いの伝わる経営計画
  作成のアドバイスができます。

問題行動のある社員さん、期待している社員さんのカウンセリング

  気質分析・筆跡診断を通して心の深い部分からコンディション・ポテンシャルをアップします

社長や幹部社員さんのカウンセリング

  なかなか人に言えないお悩みや相談などもぜひ!

心理の読めない相手への声掛けアドバイス

  思うように動いてくれない社員さんへどんなふうに声掛けをしたらいいかアドバイスします

 

       などなど・・・ ビジネスコミュニケーションに関するあらゆるご相談にお答えします。

 

お伺い・ヒヤリングをして、メニューとスケジュールを作らせていただきます。

 

■1回の訪問は2時間以内

 

■費用は、32,400円/回 × 6回(半年単位)
 初回はお試し価格として、10,800円でさせていただきます。
 ※費用は、税込み価格、交通費は別途ちょうだいいたします。
 ※2時間以降は、15,750円/Hの延長も可能です。
 ※費用は一括前払いとなっております(請求書を発行させていただきます)。
 ※業務は時間内に終了するものに限らせていただきます。
  時間内に終了しないものは別途費用をいただく場合がございます。
 ※2回目以降でスポットのご依頼は、43,200円(2時間以内)となります。
 ※その他、ゴールを設定ししっかりサポートさせていただく108,000円/月〜のコースもございます。

 

 心にくすぶる小さな不満要素が大きな事件を引き起こすことはたくさんあります。
 小さな不満要素の多くは誤解からきています。
 それを解消し、小さな満足と感謝で御社をいっぱいにいたします!

 

 まずはお試しコンサルティングをどうぞご利用ください筆跡心理学,開運文字,モチベーション,不安,ポジティブスィッチ,前向き,ポジティブエスカレーター,心につける美容液,講演,講座

孤独を感じた経営者、ビジネスパーソンの『こっそりコンサルティング』関連ページ

第一線で活躍する人のための   『お名前プロジェクト』
招致した方が感謝される『講演・講座・研修』
マスコミ・出版関係の方へ